W3Cとは

W3Cとは、正式名称は「World Wide Web Consortium」(ワールドワイドウェブコンソーシアム)WWW(ワールドワイドウェブ)で利用されている技術を標準化を進める組織です。

W3C標準準拠のメリット

W3Cに準拠したホームページを制作することにより次のようなメリットがあげられます。

  • ブラウザでの表示
    クロスブラザでの表示の問題も解決され(*1)、将来のブラウザも対応がスムーズであると予想されます。
  • アクセシビリティの向上
    W3C標準準拠には、アクセシビィティの向上も含まれているため、利用する方の視点に立ったページの作成が可能になります。
  • SEO、サーチエンジン対策
    記事の内容とデザインを切り分けるためにページが軽量化でき、その結果検索エンジン、SEO対策として有効な手段と考えます。

例えるなら住宅の基礎部分

上記のようにメリットを書いてもホームページを制作された方以外は、ピンと来ないかもしれません。「デザインがよければうちは」 とお思いになるかもしれません。しかし住宅の基礎部分を想像してみてください。建ってしまえば目には見えません。しかし目に見えないからといって、基礎を 軽視するとどのような結果になるかは想像がお付になると思います。目に見えない部分だからこそ大事なのです。

(*1)各ブラウザ(主にwindows版インターネットエクスプローラー、Fire fox、Opera。Mac版Fire fox、safari)等それぞれのソースの解釈が若干違うために完全に同じようには表記されませんが、レイアウトは大崩れしないようには調整が可能です。